新しい住まいの基準であなたの人生が

変わろうとしています

冬暖かく夏涼しい

高性能住宅

​×

デザイン住宅

体験できるチャンス

今、家づくりで知っておかないと、

10年後

失敗したと気がついてしまう

新しい家づくりの基準

あなたは何を基準に住まいを決めますか?
​費用?
​立地?
​広さ?
​性能?
​耐震性?
​デザ
イン?

住まいを手に入れるとき、

その時の決定は後の人生を大きく左右します。

そして、これまで以上に。

快適で、満足の住まい

を手に入れるためには

後悔しない人生を送るためには、一つも妥協したくはありませんね。

 

費用や立地、デザインなど全部納得して手に入れたいものです。

でも、全て満足することは、日本のような土地の区画や、法律、経済状態ではおそらく無理があるでしょう。すべての方に、何かしらの障害はあるものです。

では、どうするか?

 

本当に必要なものから選択し優先する。

そして、バランスをとる。

本当に必要なものを知るためには、ご自身とご家族がこれからどのような生活を送りたいか、人生をどう過ごしたいかによって変わってきます。

 

ただ漠然と家を買ってしまっては、せっかくの家族にとっての大事業も後悔の山となってしまいます。

 

 

家づくりは多くの選択が必要となります。

それぞれの基準があります。

日本人には、まだあまり知られていない事実。

これからの住宅の新しい選択基準。

 

それは、住まいの断熱化です。

 

日本の一戸建て住宅

冬寒くて、夏暑いのは当たり前

でも、エアコンのおかげでなんとか快適な生活ができている、そんな状態なのです。

 

 

あまり知られていない事実として、日本の断熱の基準はありますが、義務ではありません。

先進国で断熱義務がない国は殆どありません。

 

日本では、ようやく2020年に義務化されます。

しかし、その基準は断熱先進国のドイツに比べると30年も遅れています。

それだけではなく、すでに義務化されている中国や韓国の基準よりも遅れているのです。

断熱だけでは不十分

断熱をいくら良くしても、気密性が不足してはせっかくの断熱性能も宝の持ち腐れ。

温めたり、冷やした空気が外に漏れてしまわない方が、省エネになるのは当然のことですね。

これまでの日本の家は、気密性をあまり考えませんでした。それどころか、風通しが良いほうが家が長持ちすると。

それは、柱が見えている、伝統建築でのお話。

柱や梁を隠してしまう、現代風の家では気密性をしっかりしないと、壁の中が結露して見えないところで腐ってしまいます。

戦後の日本の家の寿命が短いと言われる一つの原因。

これからの家は、断熱性と気密性をしっかりした、高気密高断熱にするのが一つの基準となります。

 

本当の高気密高断熱住宅

どれくらいの基準にすればいいの?

ご注意

ここ数年、高気密高断熱住宅は一般的になってきました。しかし、どの程度の断熱で、どのくらいの気密にすれば高気密高断熱か?明確な基準がありません

​今よりも、少しでも断熱が良ければ高断熱、気密も今より少しでも良ければ高気密と宣伝している会社も多いようです。

どの基準の高気密高断熱にすれば、本当にあなたが必要な水準なのかは、ご自身で納得し決めなければいけません。

​そうしなければ、過剰で高額になりすぎたり、せっかく費用をかけたのに効果が無い、という悲しい結果にもなってしまいます。

もし、あなたが一戸建ての家は寒いのが当たり前

と思われているなら、

体験してみてください。

今回ご覧いただける住宅に採用した基準
HEAT20-G2

この建物は、HEAT20のG2という基準を満たしています。

断熱性能はQ値=1.6、Ua値=0.46
​気密性能はC値=0.5以下を目標に施工中

1/1
省エネ

全館冷暖房にしても、今までの電気代と同じくらい。

今までのように、各部屋の冷暖房にすれば、電気代は半額。

快適性

全館冷暖房で、夜はOFFにしても朝は室内の温度は13℃をキープ。

​家中の温度ムラが少ないので、家事をする奥様もどこでも快適。

1/1
1/1
健康的

家中の温度ムラが少ないということは、冬の脱衣、トイレでの急激な温度変化によるヒートショックなどの事故を軽減。中高年以上の世代には命に関わります。

アレルギー対策

湿度をコントロールするので、アレルギーの原因の一つと考えられている、ダニやカビの発生を抑えやすくなります。

換気設備の選び方しだいで、花粉性対策にもなります。

1/1
具体的には?

そして!

耐震等級3

建築基準法の1.5倍の

耐震性能で

​地震にも安心

さらに!

​建築家設計の

デザイン住宅でもあります

体感できるチャンス

新しい住まいの基準を、体感していただけるまたとないチャンスです。

今回、オーナー様のご厚意により、選ばれた方にのみご覧いただけることになりました。

日時は、施工中ですのでまだ決まっておりませんが2回の体験会を予定しています。

真冬の体験会(内装仕上げ前)

2019年1月中旬

 

春の完成体験会(完成時)

2019年3月下旬

場所:京都市北区

   京福電鉄・北野白梅町駅徒歩5分

多くの方に見ていただきたいのですが、工事中であったり、一度に多くの方には入っていただけないこともあり難しいのです。

そこで今回は、日程が決まり次第

優先的にご案内する

登録のご案内となります。

体験をご希望の方は、ご登録をおすすめいたします。

ご登録いただいた方への特典

​1.体験会への優先案内

2回の体験会への優先予約を受付させていただきます。開催が決まりましたら、最初にご案内させていただきます。

​今回、多くの来場を見込んでおります、優先の方だけで予定人数が埋まる可能性もありますので、ご興味のある方は今のうちにぜひご登録をお願いいたします。

​2.高気密高断熱住宅の正しい選び方

​メール講座

高気密高断熱には明確な基準がありません。

 

したがって、ご自身で正しい情報をきちんと理解された上で選択しなければなりません。

 

間違えた選択をすると、最近問題になっているオーバーヒート(夏、暑すぎる)、壁内結露など、住んでから失敗がわかる家になってしまいます。

 

そうならないために、高気密高断熱を選ぶための大事な基礎知識をメールでお伝えします。

​3.「私の家の未来予想図」プレゼント

「私の家の未来予想図」とは、弊社が家づくりをする時、必ず一番最初にしていただいています。お客様らしい家をつくる為の、骨格を見つけ出すものです。

これがあると!

お客様ご自身も気づいていない、ご自身の住まいのスタイルを見つけ出すことができます。

 

家づくりのパートナーを見つけやすくなります。

​営業マンの言いなりの家づくりではなく、あなた主導の家づくりができます。

家づくりをスタートしてから、途中でぶれない家づくりを進めることができます。

​予算どおりの家づくりをしやすくなります。

4.

1.

2.

3.

5.

などなど、メリットがいっぱい。
デメリットは、少し手間がかかることですね。


弊社はお客様には必ずこの「私の家の未来予想図」を作成していただき、そのご家族に最適な住まいをつくるための非常に大切なツールとして活用しております。

この「私の家の未来予想図」のテンプレートを特別にプレゼントいたします。

家づくりは、いろいろ見て、体感して、ご自身やご家族にとって最適な住まいのカタチを見つけ出してください。

​高気密高断熱は、あなたらしい住まいのカタチのたくさんの要素の内の一つのパーツでしかありませんが、とても大切なパーツにこれからなっていくと考えます。

ぜひ、この機会に体験会に登録の上ご参加ください。

※ご登録は、2回ともの参加でなく、どちらかだけの参加でも、もちろん大歓迎です。また、登録しても、都合が悪くなり、参加できない可能性があっても結構です。あくまで、優先的にご案内を差し上げる登録となります。

はじめまして

家づくりプロデューサー

家escort京都

​代表 山田章人

ここまでご覧いただきありがとうございます。

今回の体験会を開催いたします、家escort京都 代表の山田章人と申します。

 

私どもは、日頃、建築家との家づくりを楽しく進めていただくために、お施主さまのサポートをさせていただいています。

資金計画、土地探し、最適な住宅ローンのアドバイスから始まり、お施主さまに最適な建築家と巡り合っていただくことや、建築家が求める技術力が高い工務店の紹介などのサービスを提供しております。

元々、私も設計士として10年以上設計事務所にて設計をしていました。その中で、設計事務所にも得意不得意があり、お施主様にも好み、要望が多種多様にあるにもかかわらず、うまく出会えていないと感じていました。

インターネットが発達した今でも、感じることは同じです。

相性の合う建築家と巡り合えば、家づくりの半分は成功したも同じだと思っています。

 

住む方のライフスタイルに合わせた家づくりをしていただくために、サポートする側に立ち位置を変えて間もなく15年経とうとしています。

これまでお手伝いをさせていただいた住まいの数々

住宅業界にも流行りすたりがありますが、合計25年以上の経験から、今回ご紹介する高気密高断熱は流行りの建て方ではなく、これから進んでいく方向であると確信しました。そこで是非、体験していただきたくて開催することにしました。

これほどの高性能住宅は京都ではまだ多く建てられていません。ましてや、建築家のデザインによる高気密高断熱はまだまだ数少ないのが現状です。

この機会に是非、体験をしてみて、感じてみてください。

まずは、確実に見ていただけるように登録をしてください。

​お待ちしております。

 

※設計事務所様、工務店様

高気密高断熱住宅に興味があり見学をご希望の方は、業界の技術レベル向上のため機会を設けさせていただきます。

直接、下記までご連絡をいただきますようお願いいたします。

contact■grandroof.jp(■を@に替えて)

©2019 家escort by Grandroof/ Co.,Ltd.

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
京都市中京区錦小路通烏丸西入ル占出山町308 ヤマチュウビル2F S-25

建築家ネットワークナビ/京都ナビ

家escort京都【運営:有限会社グラン・ルーフ】 

TEL:075-254-3250 FAX:075-254-3251